米国コロナショックでジャンク債購入へ、「FRB」「ハイイールド債」とは?

米国コロナショックでジャンク債購入へ、「FRB」「ハイイールド債」とは?

コロナウイルスの世界的な感染拡大により、世界経済も大きくダメージを受けています。世界で最も多い64万人の感染者が確認されているアメリカでは、どのような金融政策が行われているのでしょうか?用語の解説を交えて紹介します。

コロナショックで米連邦準備制度理事会(FRB)はどう動いたのか?

このようなアメリカの危機的状況に対応すべくさまざまな金融政策を打ち出しているのが「米連邦準備制度理事会(FRB:The Federal Reserve Board)」です。FRBはアメリカ中央銀行制度の最高意思決定機関の事で、日本における日本銀行のにあたります。

FRBの理事会のメンバーは7名で、中でもトップの人物は「議長」と呼ばれています。2020年4月現在は、ジェローム・パウエル氏が議長を務めています。またFRBとセットで覚えておきたいのが「連邦公開市場委員会(FOMC)」です。連邦公開市場委員会(FOMC)はFRBが年に8回開く会合のことで、FRBの理事の7名と各地区の総裁5名がアメリカの金融政策を決めていきます。

FRBは、今回のコロナショックに対応しさまざまな対策を打ち出してきました。

3月03日:0.5%幅の緊急利下げ決定
3月15日:1%の緊急利下げ
3月23日:無制限の量的緩和実施、米国債と住宅ローン担保主権の買い取り
4月08日:ゼロ金利の議事要旨発表
4月10日:中小企業支援のため最大2兆3,000億ドル資金供給策

今回注目したいのが、4月10日に発表された2兆3,000億ドル資金供給策です。FRBが発表したプレスリリースのなかで、パウエル議長は公衆衛生の危機への対処が最優先と前置きして、「経済活動が抑制されている期間におけるFRBの役割は、安心と安定を提供することだ。本日の我々の行動は、最終的な回復を可能な限り活発なものにするだろう」とコメントしています。

FRBが手を出す「ジャンク債」って何?

この250兆円にもなる資金供給策が注目を集める理由の1つに、社債の購入策にリスクが高く格付けが低い「ダブルB」が組み込まれていることがあります。格付けとは、一言で表すと信用リスクに対するる意見です。簡単に説明すると「債務」つまり借金のある企業や政府が、期日通りに返済できる能力や意思を評価する格付け会社の意見のことです。

格付け機関の世界大手として知られているのがS&P グローバル・レーティング(S&P Global Ratings)ムーディーズ(Moody's)です。S&Pでは「「AAA」が最も信用力が高く、「D」が最低の評価となっています。格付けランクの内訳は下記の表を参照にしてください。また、かく符号には「A+」や「BBB-」といったプラスやマイナス記号が付くことがあり、同じカテゴリー内での強さが表されています。

格付け符号 水準
AAA
AA
A
BBB
投資適格水準(Investment Grade)
BB
B
CCC
CC
C
D
投機的水準(Speculative Grade )

表から分かるように、「AAA」から「BBB」を投資適格水準とし「BB」以下を投機的水準としています。今回、FRBが発表した2兆3,000億ドル資金供給策のうちの社債購入に組み込まれたのが投機的水準とされる「BB」の社債です。S&Pの「信用格付けの手引き」によると、この「BB」の信用力に関する意見の一般定義を「短期的には脆弱性は低いが、事業環境、財務状況または経済状況の悪化に対して大きな不確実性を有している。」としています。

ジャンク債

そしてこの格付けが「BB」以下で、デフォルト(債務不履行)の可能性が比較的高い債券が「ハイイールド債」と呼ばれています。「ハイイールド債」はリスクが高い分、利回りは高く設定されていてるハイリスクハイリターンな債券で、「ジャンク債」とも呼ばれています。少し乱暴な説明かもしれませんが、潰れるかどうか良くわからない企業の借金をFRBが買い取る事と考えると分かりやすいでしょう。

ただし、FRBはジャンク債なら何でも買い取るというわけではありません。FRBの発表によると、今回の政策では3月22日まで「BBB」以上だった社債でも、コロナショックの影響などで格下げで「BB」になったものは買入の対象になるとしています。つまり、コロナウイルスの影響がなければ「投資適格水準」だった社債を対象にしているということです。例えば、S&Pが3月25日に格付けを「トリプルBマイナス」から一段階下の「ダブルBプラス」へ引き下げを発表した自動車メーカーのフォード・モーターが対象になるでしょう。

コロナウイルスの影響により失業者が増加しているアメリカでは、労働省のこれまでの発表によると、4月11日までの1ヶ月で2,200万件の失業保険が申請されています。またアメリカでは約3億人が外出禁止令の対象となっており、全米の中でも感染者が特に多いニューヨーク州では外出禁止令を5月15日にまで延長することが発表されるなど、失業者をはじめとする経済への影響はより深刻になる可能性があるかもしれません。

世界情勢を見逃さない!ニュース情報が充実したFX業者

  1. 1位外為オンライン

    為替ニュース アナリストレポート
    3社
    テクニカル情報 初心者向け情報
    為替ニュース配信会社
    トムソンロイター、fw-wave、MarketWin24
    独自情報
    外為経済アカデミー、外為LAB、実践チャート術、ブロガーの週間相場予想など

    独自情報も豊富!経済指標情報などもあり重要イベントもチェックしやすい

    為替ニュース配信会社は3社ですが、外為オンラインでは独自情報ツールが充実しています。
    市場の情報を素早く届けてくれるマーケット情報や、アナリストのレポートは毎日配信、毎週月曜に更新されるレンジ予想では1週間のレンジ予想をマーケットのトレンド観測と共に見る事が出来ます。

FX@外為比較ランキング編集部のプロフィール

FX@外為比較ランキング編集部
FX@外為比較ランキング編集部。
初心者でもFXで稼げるようになる為の基礎知識から取引の仕方、優良FX業者を選ぶポイントなどを紹介。 入社1年目に、資金10万円からFX取引をスタートした当サイトの編集部員のリアルFXブログも公開!
その他、FX取引に役立つ最新情報やFXトレーダーのインタビュー企画、FX情報コラムなども配信!FX初心者~上級者が楽しめる内容をお届けします。

新着記事


おすすめ記事


最もアクセスが多い人気ページ

当サイトおすすめ

今月オススメの記事

  1. FX初心者向き自動売買トレード!低リスクでゆったり稼ぐループイフダン

    システムトレード(自動売買), 取引(トレード)方法の種類と特徴

    FX初心者向き自動売買トレード!低リスクでゆったり稼ぐループイフダン
  2. いつ取引(エントリー)すれば良い?FX初心者が最初に悩むポイントを解決

    FX攻略のために必要な知識と情報, 知っておくべき基礎知識

    いつ取引(エントリー)すれば良い?FX初心者が最初に悩むポイントを解決
  3. FX攻略のために必要な知識と情報, 押さえておくべき攻略法

    FX初心者が失敗する原因は感情任せのトレード?克服のトレードルール教えます
  4. はじめてのFX(初心者向け), 知って得する初心者向け知識

    100円でFXを始める方法、初心者向けトレード手法、おすすめ口座をセットで解説
  5. FX攻略のために必要な知識と情報, 知っておくべき基礎知識

    FXを始めようとしている人必見!初心者によくある失敗例と対処法を紹介

メニュー

特集!仮想通貨で比較

  1. FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    仮想通貨

    FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    ビットコインは世界で最も流通している仮想通貨。値段も上がってきて見逃せません。FX取引をしながら仮想通貨取引をするトレーダーが増えているのも事実。仮想通貨取引に挑戦するため、まずは基礎知識をつけていきましょう!
  2. ビットコイン取扱説明書ページへ

    仮想通貨

    【厳選!】仮想通貨(ビットコイン)取引所を比較

    今、話題になっている仮想通貨とは?仮想通貨の取引所とは?取引所と販売所は何が違う?仮想通貨に関する基本的な知識から、初心者でも始めやすいおススメ業者を各項目ごとに徹底比較します。

スポンサードリンク