「ダウ理論」はFXで稼ぐのに押さえるべき考え方!6つの法則を解説

「ダウ理論」はFXで稼ぐのに押さえるべき考え方!6つの法則を解説

FX取引で応用できる「ダウ理論」とは?

ダウ理論とは、アメリカの金融ジャーナリストであったチャールズ・ダウによって19世末に提唱された相場理論のことを言います。
昔の古い理論だと思う方もいるかと思いますが、6つの法則から成り立つダウ理論は、現在の相場のトレンド方向を把握するための基本的な考え方とされています。

このダウ理論を理解することで、FXはもちろん、仮想通貨や株式などあらゆる相場を分析するのに基本的な考え方を身に着けることが出来ます。

巷には無数のFXトレード解説本やブログ、セミナーなどがありますが、どれもダウ理論を前提としてチャート分析手法やトレード手法が語られています。
多くのトレーダーが値動き分析の根拠としており、FXをやる上で絶対に押さておきたい考え方です。

本記事ではダウ理論を構成している「6つの法則」を解説していくと共に、実際の取引でどう活かしていくか具体例も紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

ダウ理論を作ったチャールズ・ダウ氏

チャールズ・ダウ氏 こちらはチャールズ・ダウ氏。
テクニカル分析の分野に課題なる影響を与えた証券アナリストです。

チャールズ・ダウ(Charles Henry Dow)

アメリカ合衆国(米国)のジャーナリスト・証券アナリスト。
高校中退した後で、アメリカ合衆国の新聞記者になりました。

主にNY証券取引所での為替相場に関する記事を書き、その経験から「株価は全ての事象を織り込む」というダウ理論を唱えた人物で、テクニカル分析を先駆ける一人となっています。

FX相場にも当てはまる!ダウ理論の6つの法則

それでは、ダウ理論で提唱されている法則についてご紹介していきたいと思います。

一般的な相場の見方は2種類あり、「レンジ相場」と「トレンド相場」に分かれます。
ほとんどの場合がレンジ相場であり、ブレイクが予想できなければ利益を上げるのは難しいでしょう。

少なく負けて大きく勝つ、という観点からいえば良くない状態です。
そこで、トレンドの発生を予期するために活用する理論が「ダウ理論」です。

これから6つの法則を紹介していきたいと思いますが、特に最初の4つの法則は、FX相場にもよく当てはまりますので注目してください。

①平均価格(平均株価)は全ての事象を織り込んでいる

チャート上の値動きは、各国から発表される経済指標や金融政策、要人発言といったファンダメンタルズから大きな影響を受けます。
一方のテクニカル分析は、過去のチャート分析から将来の値動きを予測して、実際のトレードに活かす手法です。

一見するとファンダメンタルズによって為替が大きく動いた場合、テクニカル分析では予測不可能な動きをする場合があります。
しかし、投資家による利益確定や損切りだけでなく、経済指標などのファンダメンタルズの影響も、全ての事象はチャート上の値動きとして織り込まれていきます。

相場分析の際はチャート上に現れる値動きだけを分析していればいい、という考え方がこの法則です。

②主要トレンドには3つの波動(主要・二次・三次)がある

2つ目の法則は、値動きには一定の方向感を示す「波動」が存在し、その波動は3タイプに分かれているという考え方です。

この3タイプとは、1年から数年の期間で継続する長期の「主要トレンド
数週間~数か月程度継続する中期の「二次トレンド
さらに1時間~1か月ほど継続する短期の「三次トレンド」になります。

時間軸ごとの3種類のトレンド
主要(長期)トレンド 二次(中期)トレンド 三次(短期)トレンド
1年~数年間 数週間~数か月 1時間~1か月

③主要トレンドには3つの局面(先行期・追随期・利食い期)がある

3つ目の法則は、主要トレンドには第1段階、第2段階、第3段階の3つの局面があり、各局面は投資家の投資心理が反映され形成されるという考え方です。

第1段(先行期)
市場が底打ち(頭打ち)して先行投資家が買い集めていく(売り始めていく)段階です。

第2段階(追随期)
第1段階で形成された値動きを見てより多くの投資家達が参戦し、やがて大きく伸びていく段階です。

第3段階(利食い期)
相場が過熱しバブル状態となり、乗り遅れまいと遅れて参戦してくる投資家の買い(売り)と、それまで参加していた投資家達の利益確定の売り(買い)が起きて、相場が揉み合いになってくる段階です。

主要トレンドの3段階
第1段(先行期) 第2段階(追随期) 第3段階(利食い期)
先行期=先行投資家が買い集めていく(売り始める)段階 追随期=多くの投資家が参戦し伸びゆく段階 利食い期=相場が揉み合いとなる段階

トレンドには3つの局面がある

④トレンドは明確な転換シグナル(転換線)が出るまで継続する

4つ目の法則がダウ理論で最も紹介されることの多い考え方です。

4つ目の法則は、明確なシグナルとは直近の転換シグナル(転換線)を明確に抜けるまで一度形成されたトレンドは継続するという考え方です。 ※転換シグナル(転換線)=直近の安値、あるいは高値

特に「明確に抜ける」という点が大切で、相場にはいわゆる「ダマシ」と呼ばれるものがあります。
これは、投機筋などが一般投資家の損切りなどを誘発するため、価格が上昇すると見せかけるために瞬間的に買い浴びせ、一般投資家を騙すことです。

騙された一般投資家が追随して買いを入れてきた途端、今度は利益確定のための売りを展開し、相場はまた元の位置に戻っていきます。

このようなダマシやノイズがあってもダウ理論の考え方に従えば、トレンドは継続していることになります。

トレンドは明確なシグナルが出るまで継続する

⑤トレンドは出来高によって確認できる

5つめの法則は、トレンドは出来高でも確認されなければいけないという考え方です。
ダウ理論とは、元々NYダウという株価指数の名称にもなっているように、株価分析のための理論です。

FXでは複数の指標で値動きを判断することもありませんし、出来高で捉えにくい性質があります。 よってこの法則は当てはまりにくいものの、FXでも「買われ過ぎ」や「売られ過ぎ」といった相場の過熱感をオシレーター系の指標から分析してトレードに活かすことは可能です。

オシレーター系のテクニカル分析にはRSIストキャスティクスなどテクニカル指標がよく使われています。

⑥平均価格は相互に確認される必要性がある

最後、6つ目の法則は平均価格は相互に確認する必要がある、という考え方です。

株式市場でいえば、工業平均株価や鉄道平均株価のトレンドには相関関係が見られるといわれています。

他にもNYダウが日経平均の動きにつられて動くように、FXでもドルが売られている時、ドル円相場は下落してユーロドルが上昇するなどの相関関係が見られることがあります。

ですから、ドルが売られている相場でドル円は下落しているものの、なぜかユーロドルも合わせて下落している、など相関関係が崩れてしまっている局面では注意が必要となります。

非常にシンプルな考え方ですので、初心者であってもこの法則を知っている、普段から意識しているだけでも相場に対し違和感を覚える事ができるでしょう。

ダウ理論によるエントリーポイントの見つけ方

ダウ理論について理解できると様々なテクニカル分析に基づいて今現在の相場の方向感が判断できます。

お伝えしたようにダウ理論には6つの法則がありますが、FXの値動き分析やテクニカル分析を語る上で最も重要な考え方は4つ目の、

「トレンドは明確な転換シグナル(転換線)が出るまで継続する」

になります。
この法則を前提としたテクニカル分析によって、トレンド発生やトレンド継続の有無、トレンド転換について判断でき、さらにエントリーポイントを見つけることができます。

ダウ理論の知識をベースにしたエントリーポイントの代表的な例をご紹介していきましょう。

上昇トレンド継続確認後の押し目買い

ダウ理論の4つ目の法則「トレンドは明確な転換シグナル(転換線)が出るまで継続する」という考え方をベースにすれば、上昇トレンド発生後の押し目買いのエントリーポイントがわかります。

以下のチャートはその押し目買いのエントリーポイントを表しています。

上昇トレンド継続確認後の押し目買い

【相場分析】
先行投資家達による買いから上昇が始まり、やがて高値①に達したところで利益確定の売りが入って、押し安値①のところまで戻ってきました。
ダウ理論に従えば、この段階ではまだ上昇を確認したことになりません。

上昇に気が付いた大勢の投資家達が押し安値①付近から参戦してきて高値①を更新(Aの位置)します。
更新したことでさらに多くの買いが入って、相場はさらに勢いづきます。

ダウ理論によればこの更新によってはじめて「上昇トレンドの発生」が確認できました。
これ以降は「押し安値①」を相場が下抜けしない限り、相場は上昇を継続すること考えられます。

これがまさにダウ理論の「トレンドは明確な転換シグナル(転換線)が出るまで継続する」の考え方になります。
明確なシグナルとはこの場合、「相場が押し安値①を下抜けること」に他なりません。

別の言い方をすれば、押し安値①をロウソク足が下抜けるとそこで上昇トレンドは終了し、相場が転換する可能性を示すことになります。

【上昇トレンド発生確認後の押し目買いエントリー】
相場はその後首尾よく上昇を続け、高値②のところで買っていた投資家達の利益確定売りによって、高値①の付近まで戻ってきました。

トレンド上昇の発生はすでに確認しているので、高値①まで引きつけた上で反転上昇した「B」のところから買いのエントリーができました。

この場合の「損切りポイント」は「押し安値①」の少し下あたりになります。
その理由はすでにお伝えしたように押し安値①をロウソク足が下抜けた場合、それがトレンド継続の終了を示す「明確なシグナル」となるからです。

そして、トレンドが終了した後はそのまま下方向に相場が向かうリスクがあるために損失を限定する必要があるからです。

投資家の中には高値①を更新した「A」のところから買いエントリーする人もいます。
しかし、ここでエントリーしなかったのには理由があります。
それはダマシの可能性やAから上昇が止まり「Wトップ」を作って下降するリスクを考えてのことです。

ダマシとは上に行くと見せかけて、そのまま上抜けせずに戻ってくる(つまり下落する)ことです。
また、Wトップとはチャートのロウソク足がWのアルファベットのように上昇を2回作って下がってくるサインになります。

下降トレンド発生確認後の戻り売りエントリー

ダウ理論の4つ目の法則「トレンドは明確な転換シグナル(転換線)が出るまで継続する」という考え方は、戻り売りのエントリーポイントを判断する際にも当てはまります。

以下のチャートをご覧ください。

下降トレンド発生確認後の戻り売りエントリー

【相場分析】
押し目買いのエントリーと方向が反対なだけで、全く同じ分析となります。

先行投資家達が売り始めてから下落し始め、安値①に到達後に利益確定の買いが入り、戻り高値①の位置まで上昇しました。

最初の下落を見た大勢の投資家達による参戦によって、戻り高値①から再度の下落が始まります。
やがて安値①(=A)を下抜けて「下落トレンドの発生」が確認できました。

これ以降は「戻り高値①」を相場が上抜けしない限り、相場は下落継続と考えられます。

【下降トレンド発生確認後の戻り売りエントリー】
エントリーや損切りポイントについては押し目買いのエントリーの反対のことをやるだけです。
よって説明は省略させていただきます。

【相場分析】
押し目買いのエントリーと方向が反対なだけで、全く同じ分析となります。

先行投資家達が売り始めてから下落し始め、安値①に到達後に利益確定の買いが入り、戻り高値①の位置まで上昇しました。

最初の下落を見た大勢の投資家達による参戦によって、戻り高値①から再度の下落が始まります。
やがて安値①(=A)を下抜けて「下落トレンドの発生」が確認できました。

これ以降は「戻り高値①」を相場が上抜けしない限り、相場は下落継続と考えられます。

【下降トレンド発生確認後の戻り売りエントリー】
エントリーや損切りポイントについては押し目買いのエントリーの反対のことをやるだけです。
よって説明は省略させていただきます。

相場は「トレンド相場」と「レンジ相場」しかない

トレンド相場が発生した場合のエントリーについてご紹介しましたが、実は相場には「トレンド相場」と「レンジ相場」の2つしかありません。
しかも、相場のかなりの時間帯で「レンジ相場」が形成されます。

相場は「トレンド相場」と「レンジ相場」しかない

レンジ相場はこのレンジ相場はトレンド相場が終わり、調整の意味で一定のバンド内を上下動する際の相場です。

高値と安値を入ったり来たりするだけなので、上手くトレードすると利益を伸ばすことができます。
ただし、レンジ相場が終了し、またトレンド相場になる際には注意が必要です。

ポジションと反対方向にレンジをブレイクした際にはすぐに損切りし、その方向に乗ってトレードする(ブレイクアウト手法といいます)
つまり上述のトレンド相場でのトレード手法につながっていきます。

ダウ理論の6つの法則まとめ!チャートが見やすいFX会社も紹介

今回の記事ではテクニカル分析の基礎ともいえるダウ理論とダウ理論の考え方に基づいたエントリーについてご紹介してきました。

ダウ理論がわかれば様々なチャートパターン分析もよく理解できるようになります。
是非、実際のチャートでダウ理論の考え方について確認してみてください。

最後に、このダウ理論をチャートや取引でも活用しやすい初心者向けFX会社を紹介します。

やはりチャートが見やすい・操作しやすいFX会社が良いと思いますので、例えばおすすめなのはGMOクリック証券(FXネオ)の「はっちゅう君FX」では、操作性を重視した次世代FX取引ツールを利用することが出来ます。

相場の動きを追うにもとてもわかりやすい作りになっており、1クリックで即時注文が可能な「スピード注文」 は、素早く注文を行いたい方にもオススメです。

GMOクリック証券(FXネオ)
GMOクリック証券(FXネオ) GMOクリック証券(FXネオ)のはっちゅう君Fでは特に「スピード注文」と「チャート注文」の機能が優れており、メイン取引用として愛用者も多い業者です。
全て自社で開発されており、利用者の声を元に改善が繰り返されているからこその使い良さです。
はじめてのFXなら口座をもっていて間違いない業者だと思います。
GMOクリック証券(FXネオ)へ
GMOクリック証券(FXネオ)
GMOクリック証券(FXネオ) GMOクリック証券(FXネオ)のはっちゅう君Fでは特に「スピード注文」と「チャート注文」の機能が優れており、メイン取引用として愛用者も多い業者です。
全て自社で開発されており、利用者の声を元に改善が繰り返されているからこその使い良さです。
はじめてのFXなら口座をもっていて間違いない業者だと思います。

またGMOクリック証券と並ぶFX業界内最大手の一つで、DMM.com証券(DMM FX)もおすすめです。
チャートの見やすさでいうと、個人的にはDMM FXのほうが好きかもしれません。
特にトレンドラインがひきやすいチャートの読み方を勉強するにも良いかもしれません。

DMM.com証券(DMM FX)
DMM.com証券(DMM FX) DMM FXはサポート体制の充実ぶりが目立ち、サポート力で人気がある業者です。
電話やEメールによるサポートの他、LINE(ライン)やAI(人工知能)チャットによる24時間365日で問合せ対応も初心者にはうれしいところ。
取引コストに大きな影響を与えるスプレッドも全20通貨ペアで業界一(原則固定,例外あり)の低さを誇り、おすすめです。
DMM.com証券(DMM FX)へ
DMM.com証券(DMM FX)
DMM.com証券(DMM FX) DMM FXはサポート体制の充実ぶりが目立ち、サポート力で人気がある業者です。
電話やEメールによるサポートの他、LINE(ライン)やAI(人工知能)チャットによる24時間365日で問合せ対応も初心者にはうれしいところ。
取引コストに大きな影響を与えるスプレッドも全20通貨ペアで業界一(原則固定,例外あり)の低さを誇り、おすすめです。

上記2社は、取引できる通貨単位が最低でも1万通貨からなので、1回の取引額が高額になります。
最初の取引から数万単位ではじめるのは自信がない、という方はYJFX!(ワイジェイFX)がおすすめです。
最低通貨単位1,000通貨からの少額トレードが出来ますのでFX初心者にもおすすめです。

YJFX!(ワイジェイFX)
YJFX!(ワイジェイFX) 大手ヤフーグループが運営するFX会社で、特にスマホアプリが使いやすいと人気の業者です。
「バイナリーオプション」にも対応しているため、バイナリーも並行したい方にも向いています。
またスキャルピングや、デイトレードなどをメインとする短期トレーダー向け専用「C-NEX」というサービスを提供しています。 そのため、色々なトレード方法をやりたい人にもおすすめです。
YJFX!(ワイジェイFX)へ
YJFX!(ワイジェイFX)
YJFX!(ワイジェイFX) 大手ヤフーグループが運営するFX会社で、特にスマホアプリが使いやすいと人気の業者です。
「バイナリーオプション」にも対応しているため、バイナリーも並行したい方にも向いています。
またスキャルピングや、デイトレードなどをメインとする短期トレーダー向け専用「C-NEX」というサービスを提供しています。 そのため、色々なトレード方法をやりたい人にもおすすめです。

FX@外為比較ランキング編集部のプロフィール

FX@外為比較ランキング編集部
FX@外為比較ランキング編集部。
初心者でもFXで稼げるようになる為の基礎知識から取引の仕方、優良FX業者を選ぶポイントなどを紹介。 入社1年目に、資金10万円からFX取引をスタートした当サイトの編集部員のリアルFXブログも公開!
その他、FX取引に役立つ最新情報やFXトレーダーのインタビュー企画、FX情報コラムなども配信!FX初心者~上級者が楽しめる内容をお届けします。

新着記事


おすすめ記事


最もアクセスが多い人気ページ

当サイトおすすめ

今月オススメの記事

  1. FX初心者向き自動売買トレード!低リスクでゆったり稼ぐループイフダン

    システムトレード(自動売買), 取引(トレード)方法の種類と特徴

    FX初心者向き自動売買トレード!低リスクでゆったり稼ぐループイフダン
  2. いつ取引(エントリー)すれば良い?FX初心者が最初に悩むポイントを解決

    FX攻略のために必要な知識と情報, 知っておくべき基礎知識

    いつ取引(エントリー)すれば良い?FX初心者が最初に悩むポイントを解決
  3. FX攻略のために必要な知識と情報, 押さえておくべき攻略法

    FX初心者が失敗する原因は感情任せのトレード?克服のトレードルール教えます
  4. はじめてのFX(初心者向け), 知って得する初心者向け知識

    100円でFXを始める方法、初心者向けトレード手法、おすすめ口座をセットで解説
  5. FX攻略のために必要な知識と情報, 知っておくべき基礎知識

    FXを始めようとしている人必見!初心者によくある失敗例と対処法を紹介

FXトレーダーの実践ブログ

ゆきママ

メニュー

特集!仮想通貨で比較

  1. FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    仮想通貨

    FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    ビットコインは世界で最も流通している仮想通貨。値段も上がってきて見逃せません。FX取引をしながら仮想通貨取引をするトレーダーが増えているのも事実。仮想通貨取引に挑戦するため、まずは基礎知識をつけていきましょう!
  2. ビットコイン取扱説明書ページへ

    仮想通貨

    【厳選!】仮想通貨(ビットコイン)取引所を比較

    今、話題になっている仮想通貨とは?仮想通貨の取引所とは?取引所と販売所は何が違う?仮想通貨に関する基本的な知識から、初心者でも始めやすいおススメ業者を各項目ごとに徹底比較します。

スポンサードリンク