ギリシャデフォルトについて(前編)

おはようございます!
なでしこJAPAN、決勝戦惜しくもアメリカに敗れてしまいましたね。。。

朝ニュースで試合開始前の様子を見ていたんですが、会社に着いたらもう結果が出ていて、電車の中で「がんばれ?!」と思っていたんですが、非常に残念でした。

ですが、暑い・アウェイ・試合続きの中で全力で戦った彼女達に拍手を送りたいですね!!!!!

それでは熱冷めやまぬ中で本題に入っていきましょう!
こちらも今、中々に熱い!!ギリシャデフォルトについての話題です。

今日は2本仕立てで前半、後半に分けて書いていきたいと思います。
前半は

「ギリシャデフォルト」が一体何なのか?を知る前に、

ギリシャ」について
EU」について
ギリシャデフォルト」について
ギリシャデフォルトが何故起きたのか」について

などをたっぷりお届けします。

ギリシャについて

ギリシャ ギリシャは『エリニキ・デモクラティア』という正式名称があります。
面積は約13万平方キロメートルあり、日本のほぼ1/3にあたります。結構小さいですね。

ギリシャの首都は2004年のオリンピックの会場にもなった『アテネ』です。

日本との時差は7時間で日本のほうが早く進んでいるので、日本が朝だと、ギリシャは夕方?夜あたりですね。

場所はヨーロッパの南東に位置していて、最南端にはバルカン半島東にトルコ、北には東欧諸国、西にはイオニア海を挟んでイタリアと国境を接しています。


ギリシャ町並み 気候としては夏が高温で低湿、冬は比較的温かく雨もよく降ります。
一部地域を除き乾燥している場所があオリーブやブドウなどの果実栽培が盛んです。

写真を見ても、とても美しいところですね?!
オリーブもブドウも大好きなので、私もいつか行ってみたい国です(^^)

世界遺産もたくさんあって、バッサイのアポロ・エピクリオス神殿やアテナイのアクロポリスなど特にヨーロッパ文化の基礎を築いた彫刻や演劇などの芸術や文化は現代社会にも大きな影響を与えています。

EUについて

EU ギリシャの通貨は2001年1月1日にEU加盟国となったことでユーロ(Euro)に変わりました。

溯ること1967年。

ECSC(欧州石炭鉄鋼共同体)、EEC(欧州経済共同体)、EURATOM(欧州原子力共同体)の主要機関が統一されて欧州共同体(EC)が誕生しました。

EUは1993年11月1日にマーストリヒト条約の発効で誕生しましたが、1970年代の経済危機でECが停滞する時代に。。。

そこで誕生したのが「ヨーロッパ連合」(EU)で、加盟国の政治的・経済的の統合を目指す目的で活動しています。

そんなEU加盟国にはシンボルの旗があって星が12個あります。

この星は1986年までにECがスタートした国がギリシャのほかにベルギー、ドイツ、フランス、イタリア、ルクセンブルグ、オランダ、デンマーク、アイルランド、イギリス、スペイン、ポルトガルの12カ国からきているのとヨーロッパにとって12は完全さ、永遠、幸運を示す特別な数字からきています。

ちなみに、現在では28カ国の国がEUの加盟国です。
EUの加盟国

ギリシャデフォルトってなに

そんなギリシャでおきた今回の『デフォルト』という問題。
話題になっている『ギリシャデフォルト』ですね。
ではここでいう『デフォルト』[default]とはどういう意味を持つのでしょうか?
辞書で調べると3つに分けられています。

[1]不履行,怠慢,債務不履行
[2]初期設定
[3]不出場,欠場,棄権

この中のどれを指すのかというと[1]の『不履行,怠慢,債務不履行』です。
中でも『債務不履行』が一番適しています。

お金 つまりギリシャの『デフォルト』とは借りたお金を返さなければいけないのにそれができない状態になっているということです。

それだけではなく支払いの期限が遅れてしまった場合や破綻してしまった場合も『デフォルト(債務不履行)』としてみなされてしまいます。

これが起きると言うまでもなく大変深刻な事態になってしまい、国民の生活に支障をきたしてしまう恐れもあります。

それって一体どのような影響があるのでしょうか?ちょっと以下に紹介しますね。
結構色々あるんですよ。。。

■GDP(国内総生産)
ギリシャではGDP(国内総生産)は2008年の3540億ドル(約43兆円)に対し、2013年には2420億ドル(約30兆円)へとおよそ1/4分の経済が縮小しました。

■失業率
デフォルトの影響はなんと国民に飛び火し、なんと100万人の国民が失業したといわれています。
これは国民全体の4人に1人が失業をしていて、失業者の半数が主に若者を占めています。

失業率に関してはヨーロッパ連合(EU)の加盟国の中でも高い数値です。
ちなみに経済危機に入る前の2008年は失業率が7.8%で若者の失業率は21.9%という数値でした。

■ホームレス
失業者が増えたことでもう一つ増えたのはホームレスです。
ギリシャのホームレスの数は2009年から3年間でなんと25%も増えていったといわれています。

■国離れ
このような不況が続いてしまうと職を求める人が多くなりギリシャを離れ国外に働きに行くギリシャ人も多くなりました。
その数20万人を超えており、多くの若者はイギリスやドイツに働きにいくこともあります。

■年金
若者だけではなく高齢者にも影響しています。
財政の削減をするために高齢者に対して早期退職をしたことで、年金財政がさらに悪化しているケースもあります。

ギリシャに住む65歳超の高齢者人口は全体の1/5ほどいますが、債務再編のために数十億ユーロがなくなりました。
それによりもらえる年金額が約半分カットされてしまうこともありました。

■賃金
年金だけではなく賃金もカットされていることが発覚し、最低賃金を約20%を引き下げました。
最低賃金をカットするケースはなんとヨーロッパただ一つだといわれています。

あたまを抱える人 このような問題はギリシャだけでなく他の国にも起こっています。
例えばイギリス政府は200万ポンドを超える債務を変換できなくなり借金の棒引きとなっています。

1ポンドは日本円で192円(2015/07/03)なので日本円にすると約3億8400万円の借金を抱えていることになります。
他にも1987年にはブラジルが対外債務(1110億ドル)のデフォルトになってしまったり、2013年には、アメリカのミシガン州デトロイト市が米連邦倒産法第9章を裁判所に申請したことで財政が破綻したこともあります。

最近では2014年7月31日にアルゼンチンが、2001年にデフォルトを宣言して以来約13年ぶりに2度目の債務不履行に陥ったこともあります。

会社が倒産 これらのようなことからデフォルトになると、給料が少なくなったり、職を失ってしまったり、会社が倒産してしまったりなど苦しいことや辛いことばかりです。
デフォルトになったことで私たちに降りかかってくるものは大変なことです。
デフォルトになってしまうことで国や財政だけではなく国民にも甚大な影響がふりかかるでしょう。

ギリシャデフォルトは何故起きたのか

ではギリシャのデフォルトは何故起きてしまったのか?
その問題を紐解いていこうと思います。

■公務員・年金の待遇が高い
実はギリシャには労働人口の25?30%が公務員で大変多いんです。
ちなみに日本の場合は6.7%とギリシャと比べて圧倒的に低いです。

公務員 ギリシャでは待遇が民間企業と公務員とではまったく違います
民間企業で働く人の給料はだいたい1000ユーロ(日本円で約12万円)で公務員は2000ユーロ(日本円で約24万円)と民間企業の2倍ももらえてしまうことも少なくないようです!!
年金制度も手厚く補償してくれる分、不景気になったのだと思います。

■脱税
実はギリシャには脱税がかなり行われているウワサがあります。
例えば高所得納税者にも関わらず所得を申告したり、単純に税金を払わないなんてことが日常茶飯事。
ギリシャ政府が把握できない地下経済の割合は国内総生産(GDP)の3割程度にのぼるそうです。

お金 そもそも脱税の原因は徴税の仕組みが非効率であったことと、国民がギリシャ政府を信用せず納税義務を受け入れてない国民が多いと見られています。

政府を信じない風潮は400年にわたってオスマントルコ帝国の支配下に置かれていたことでずっと続いているようです。

■財政状態を偽る
2001年にユーロに加入したギリシャは『2001年前後の財政赤字はそれ程悪い状態ではない』と発表。

その後も『ひどい状態ではない』といい続けたが、新政権になったときにGDPの5%程度と発表したのが約12%の高値だと発覚。
それからギリシャの財政問題が浮き彫りになって今までの発表も嘘だったのではないかという疑いも強くなって調査をしているようです。

■年金支給
年金手帳 日本の年金は一般的に65歳といわれています。
ギリシャの場合は10歳若い55歳から支給されます。
日本だけでなくドイツラフランスなどと比べても比較的早く年金支給の割合は多いです。

年金支給額も普段の収入と大差がない水準となっているのも原因となっています。

■ギリシャ政府の対応
巨額の赤字にあわてたギリシャ政府は財政を立て直すために年金の先原野公務員の給与カットなどの計画を図ろうと思っていた。
しかしこの政策に反発したのはギリシャの国民

デモ無能な政府のためにこんな政策をさせられたくない』と思い、連日首都のアテネには、ストライキや抗議デモをする国民が集まっていました。
中には給料をカットされることに反発を覚えた清掃員が仕事の一つであるゴミ回収をボイコット。
すると街がゴミで溢れかえっていたことも。。。

他にも地下鉄が動かなかったり、美術館がお休みするなど、ギリシャ国内に大きな衝撃を与えました。
そんなギリシャの対応の悪さやEUからの支援も遅れてしまい国債価格も下落は止まりませんでした。

これらのことからギリシャの財政が悪化したのは政治そのものが腐敗してしまったことが大きいでしょう。
実は1830年に独立したときのギリシャは歴史の半分以上がデフォルトに近い状態にあったという、昔から経済的に問題があった国の一つでした。

そんな国がデフォルトを起こしてしまったら大変なことになってしまうので少しでも軽減するために、EUや国際機関では全力でデフォルトを阻止するために動いています。

デフォルトが起こると財政も国民も大変な状況になってしまうのでデフォルトを脱却するためにもEUと協力することが大切です。

FX@外為比較ランキング編集部のプロフィール

FX@外為比較ランキング編集部
FX@外為比較ランキング編集部。
初心者でもFXで稼げるようになる為の基礎知識から取引の仕方、優良FX業者を選ぶポイントなどを紹介。 入社1年目に、資金10万円からFX取引をスタートした当サイトの編集部員のリアルFXブログも公開!
その他、FX取引に役立つ最新情報やFXトレーダーのインタビュー企画、FX情報コラムなども配信!FX初心者~上級者が楽しめる内容をお届けします。
LINEはじめました。

新着記事


おすすめ記事


当サイトおすすめ

最もアクセスが多い人気ページ

今月オススメの記事

  1. FX初心者向き自動売買トレード!低リスクでゆったり稼ぐループイフダン

    システムトレード(自動売買), 取引(トレード)方法の種類と特徴

    FX初心者向き自動売買トレード!低リスクでゆったり稼ぐループイフダン
  2. いつ取引(エントリー)すれば良い?FX初心者が最初に悩むポイントを解決

    FX攻略のために必要な知識と情報, 知っておくべき基礎知識

    いつ取引(エントリー)すれば良い?FX初心者が最初に悩むポイントを解決
  3. FX攻略のために必要な知識と情報, 押さえておくべき攻略法

    FX初心者が失敗する原因は感情任せのトレード?克服のトレードルール教えます
  4. はじめてのFX(初心者向け), 知って得する初心者向け知識

    100円でFXを始める方法、初心者向けトレード手法、おすすめ口座をセットで解説
  5. FX攻略のために必要な知識と情報, 知っておくべき基礎知識

    FXを始めようとしている人必見!初心者によくある失敗例と対処法を紹介

FXトレーダーの実践ブログ

ゆきママ

メニュー

特集!仮想通貨で比較

  1. FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    仮想通貨

    FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    ビットコインは世界で最も流通している仮想通貨。値段も上がってきて見逃せません。FX取引をしながら仮想通貨取引をするトレーダーが増えているのも事実。仮想通貨取引に挑戦するため、まずは基礎知識をつけていきましょう!
  2. ビットコイン取扱説明書ページへ

    仮想通貨

    【厳選!】仮想通貨(ビットコイン)取引所を比較

    今、話題になっている仮想通貨とは?仮想通貨の取引所とは?取引所と販売所は何が違う?仮想通貨に関する基本的な知識から、初心者でも始めやすいおススメ業者を各項目ごとに徹底比較します。

友達登録でFX戦略コラムが届く

LINE@始めました