FX会社を特徴・目的別に比較一覧ページへ

為替相場が動く原因となる政策金利の引き下げや引上げ

お金を貸す借りる時に生じる金利は為替取引にとても大切な要素です。

政策金利の基本

まず、一番、基本となるのが政策金利です。
中央銀行が一般銀行に貸し出すときの金利で、その国の金利全体のもととなる短期金利です。
あなたが銀行に預金する、住宅ローンでお金を借りる時の金利水準にも影響します。

政策金利を変更する理由

政策金利を含めた金融政策は各国の中央銀行が決めます。
日本は日本銀行。米国はFRB(連邦準備制度理事会)が中央銀行にあたります。

中央銀行は、通貨発行や政府・民間銀行への融資を行う「銀行の銀行」としての役目を担います。

さらに、中央銀行の大切な役目として「物価の安定」を担い、そのために金融政策の決定と実行を行います。
※現在の日本は政策金利が低く、金利を上下させる場面はほとんどありません。

日本・米国・ユーロ・英国の政策金利推移

日本・米国・ユーロ・英国の政策金利推移 (外為どっとコムより)

政策金利の引き上げ:物価が上昇し景気が過熱した場合

景気が過熱するとバブルやインフレ(物価上昇)など後で問題が生じやすくなります。
そこで、中央銀行は景気の過熱を抑えるために政策金利の引き上げ「利上げ」を行います。

金利の基本である政策金利が上がるとお金を借りる時の金利が上がり、ローンや融資を受けにくくなり消費が減ります。

政策金利が引き上げられると、各種ローンの金利も引き上げられます。
すると、その金利が引き上がった分、ローンを組んで自動車や家などを買いにくくなります。

それによって行き過ぎた消費行動を抑制して、消費の伸びを緩やかで持続可能な程度にすることを目指す目的で「利上げ」は実行されます。

政策金利の引き下げ:もしくは物価が下落し景気が後退

逆に、景気が悪化しているときには「利下げ」を行います。
政策金利を引き下げるとローンや融資の金利も下がり自動車や家などを買いやすくなります。
そして景気が良くなる可能性は上がります。

経済は急激な変化を嫌がります。
緩やかに伸びていくことを理想として、そこから大きく上下に外れそうになると中央銀行が介入をします。
景気が良すぎるとバブルが生じクラッシュに繋がりますし、経済成長が低下すると給料引き下げや解雇など暮らしが悪化します。

政策金利の変化と為替相場

預金金利が3%の銀行と5%の銀行があれば、あなたはどちらの銀行に預けますか?
他の条件が同じであれば、5%の銀行の方が利子をたくさん貰えてお得ですね。

国の政策金利の考え方も同じです。
もし米国の政策金利が6%と高く、日本の政策金利が1%と低ければお金は有利な金利がもらえる米国の方に流れて行きます。

投資家は米ドルの資産を増やし日本円の資産を減らします。
その結果、為替相場は「円安ドル高」に動きます。
基本的には、

●政策金利の引き上げ「利上げ」はその通貨の上昇要因
●政策金利の引き下げ「利下げ」はその通貨の下落要因

ただし、あまりにも政策金利を引き上げすぎると通貨の信頼性が失われて通貨安になることもあります。

豪中銀の政策金利引き下げ次の豪ドル/円相場

2012年12月4日:政策金利を0.25%引き下げて3.0%にすることを決めた。
(豪ドル/円は上昇) 豪ドル/円は上昇 (外為どっとコム日足チャートより)

2013年5月4日:政策金利を0.25%引き下げて2.75%とすることを決定した。
(豪ドル/円は下落) 豪ドル/円は下落 (外為どっとコム日足チャートより)

2013年8月6日:政策金利を0.25%引き下げて過去最低の2.5%に設定した。
(豪ドル/円は下落するもその後は上昇傾向) 下落するもその後は上昇傾向 (外為どっとコム日足チャートより)

過去3回のオーストラリア(豪)の政策金利引き上げを見ましたが上昇や下落とまちまちです。
なぜ、教科書通りの動きにならないのでしょうか?

為替相場は、一つの変動要因で全てが決まらずに多くの要因で動きます。
また、皆が0.25%の引き下げを予想していて結果が0.25%だったら予想通りです。
それどころか0.50%の引き下げ予想が大多数で0.25%だったら予想外で逆に動いてしまいます。

FXトレードを行う上で、予想と現実の差を見ることの大切さがこの例を見ても良く分かりますよね。
重要なイベント時には、チャートやニュースで予想がどうなっているかイベント発表前にすでに価格は動いているかを確認しておきましょう。

吉田文吾(株式会社センターサークル代表)のプロフィール

吉田文吾(株式会社センターサークル代表)
吉田文吾 氏
株式会社センターサークル 代表取締役社長
フジフューチャーズ株式会社にて相場の仕事を開始、1998年の外為改正法により誕生したFX事業に参加。
FXの魅力にハマり、新規FXビジネスを立ち上げる(FXCMジャパン・上田ハーローFX)
FXが世に広まり始めた草創期からFXに10年以上携わってきた豊富な経験を持つ。

吉田文吾の最新記事へ▼

吉田文吾とはどんな人物?経歴を紹介

吉田文吾さんは株式会社センターサークルの代表取締役社長。
FP(2級ファイナンシャル・プランニング技能士)でもあり、過去にFX会社で事業運営を行ってきた経験を持つトレーダーでもあります。

生まれは京都府宇治市で、英プレミアリーグのアーセナル、Jリーグの浦和レッズの大ファン。
フジフューチャーズ株式会社にて新規開拓営業の経験を積んだ後、1998年の外為改正法により取引が始まったFX(外国為替証拠金取引)事業部に参加。
そこでFXについての事業運営を学びます。(商品名:ローリングFX)

2002年の1月にはFXオンライントレードを主業務とするFXCMジャパンへ転職。
大平洋物産・FXCMジャパン・上田ハーローの三社のFX事業にて、新規立ち上げを行います。

上田ハーローやFXCMジャパンといったら、国内でも有名なFX業者です。
その後は、株式会社センターサークルの代表取締役社長に就任し、現在は金融商品・FXに関するウェブサイトの運営などを行いつつ、ご自身でもトレードをしているとか。

また東洋医学(鍼灸院・整骨院)の治療家のウェブサイト運営・マーケティングサポートも行っていて、パソコンを使う人の職業病…肩こりや腰痛・めまいが生じる「パソコン病(デスクワーク症候群)」について鍼灸治療院と共同で普及にも努めているそうです。

幅広くキャリアを積み、15年以上商品先物取引やFX事業に携わった経験を持つ、凄腕のトレーダーです。

吉田文吾が実際に取引をし、初心者にもオススメなFX業者

吉田文吾が取引用として使うFX業者
外為どっとコム 外為どっとコム
当サイトで吉田文吾さんが実際に取引用として使っているFX業者。
9年連続して総口座数と預り残高が業界でもトップクラスの外為どっとコムは何より信頼性と安心度は高いんだとか。
FX口座数世界一として、ギネス世界記録にも認定されています。
自分の資産を預けるわけですから、特に信頼度の部分は重視して口座選びをしたほうが良いですね。
DMM.com証券(DMM FX) DMM.com証券(DMM FX)
当サイトでは、DMM FXのバーチャルトレード(デモトレード)で、100万ドル(約500万円)を買って取引をする話も執筆。
いきなりFX取引をするのが怖い人は、まずデモトレで練習するのがおススメ。
特にチャートが見やすく、使いやすいのがDMM FXとのこと。
吉田文吾さんがDMM FXのデモトレでどんな取引をするかも必見!

新着記事


おすすめ記事


最もアクセスが多い人気ページ

当サイトおすすめ

今月オススメの記事

  1. FX初心者向き自動売買トレード!低リスクでゆったり稼ぐループイフダン

    システムトレード(自動売買), 取引(トレード)方法の種類と特徴

    FX初心者向き自動売買トレード!低リスクでゆったり稼ぐループイフダン
  2. いつ取引(エントリー)すれば良い?FX初心者が最初に悩むポイントを解決

    FX攻略のために必要な知識と情報, 知っておくべき基礎知識

    いつ取引(エントリー)すれば良い?FX初心者が最初に悩むポイントを解決
  3. FX攻略のために必要な知識と情報, 押さえておくべき攻略法

    FX初心者が失敗する原因は感情任せのトレード?克服のトレードルール教えます
  4. はじめてのFX(初心者向け), 知って得する初心者向け知識

    100円でFXを始める方法、初心者向けトレード手法、おすすめ口座をセットで解説
  5. FX攻略のために必要な知識と情報, 知っておくべき基礎知識

    FXを始めようとしている人必見!初心者によくある失敗例と対処法を紹介

メニュー

特集!仮想通貨で比較

  1. FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    仮想通貨

    FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    ビットコインは世界で最も流通している仮想通貨。値段も上がってきて見逃せません。FX取引をしながら仮想通貨取引をするトレーダーが増えているのも事実。仮想通貨取引に挑戦するため、まずは基礎知識をつけていきましょう!
  2. ビットコイン取扱説明書ページへ

    仮想通貨

    【厳選!】仮想通貨(ビットコイン)取引所を比較

    今、話題になっている仮想通貨とは?仮想通貨の取引所とは?取引所と販売所は何が違う?仮想通貨に関する基本的な知識から、初心者でも始めやすいおススメ業者を各項目ごとに徹底比較します。

スポンサードリンク